Vol.001 働き方ポータルサイト「ツナゴーカ」開設のいきさつ①

2019年12月11日、「働き方ポータルサイト『ツナゴーカ』」を開設しました。企業の経営者様・人事担当者様が、従業員の問題で悩んだ時に情報収集できるサイトです。実績豊富な社会保険労務士やキャリアコンサルタントが、企業とそこで働く人の両方に資するアドバイス満載のサイトです。その開設のいきさつを綴ります。

今までの雇用の在り方がお手本にならない時代

現代は、前例のないスピードで進む、少子化、高齢化、グローバル化、IT化・・・。戦後構築された「健康な男性の正社員を主体とした雇用」「新卒で入って定年までの終身雇用」「終身雇用を背景に成り立つ年功序列制賃金制度」が、成り立たなくなってきました。人を募集しても応募者が来ない、従業員の退職が後を絶たない、中途採用を始めると教育の問題がでてくる、育児だの介護だの治療だの・・様々に悩む従業員が増えて公私混同しないという美学が成り立たない、かと思うとWLBの名のもとに仕事が残っていてもさっさと帰る、そんなこんなで年功序列型賃金制度で交通整理できなくなってきた・・・等々、企業様のお悩みを伺うことが多くなりました。

企業淘汰の時代

企業の経営者様・人事担当者様は「このような時代なんだから、国は企業を支援してくれないと!」とお考えでしょうか?いいえ、私は実は、国は全ての企業を守るのではなく、淘汰しようとしていると感じています。私は、社会保険労務士として厚生労働省の助成金の手続き支援もしておりますが、以前は一律だった助成金の額が、生産性向上や定着率が上がった企業に増額されるようになりました。
少子化で労働人口が減っているというどうしようもない事実を前に、国は、労働者に選ばれる企業を集中して支援し、そうではない企業は人手不足倒産しても構わない、と舵を切ったように思います。

企業の経営者様・人事担当者様の知恵袋を作りたい

生き残りのためには、様々な改革に取り組まなければならない企業の経営者様・人事担当者様を支援するために情報発信をしたいと思うようになりました。私は社会保険労務士としてグロースサポート社労士事務所を営んでおります。そのwebサイトでブログを綴ればよいかな?当初はそう思いました。なのに、なぜ、新しくwebサイトを作ることにしたのか?続きはまた・・・。

この記事を書いたキャリアコンサルタント

ツナゴーカ代表田邉雅子
ツナゴーカ代表田邉雅子

お問合せはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です