企業経営者の皆様、人事担当の皆様、こんなことにお悩みではないですか?

  • 社員の募集をしても応募が無い
  • 若手社員の定着率が良くない
  • 社員のモチベーションが低い
  • 企業理念や経営方針が浸透しない
  • 社員の育児や介護や病気等にどう対応したらよいのか
  • 多様な働き方と言うが、対応が大変
  • シニアの活用の仕方がわからない
  • シニアのモチベーションが低く職場に悪影響が出ている
  • 企業としての売り上げが上がらない

実は、ツナゴーカのキャリアコンサルタントの活用によってこれらは解決できます。

ほんとかな?とお感じの企業経営者や人事担当者の皆様、確かに上記のようなお悩みに対する施策にはいろいろありますね。例えば、社会保険労務士に拠る就業規則や人事制度などの制度設計、例えば、研修講師に拠る階層別社員研修など。

しかし、就業規則や人事制度はトップダウンの働きかけであって、作っただけでは社員には浸み込んでいきません。また、階層別社員研修は対象社員が限られるし、そもそも研修は一過性なのでやっぱり社員の在り方を根底から変えていく力は弱いです。

ツナゴーカのキャリアコンサルタントは、企業経営者や人事担当者のお悩みに寄り添い、企業と社員をつなぐ「ハブ」になって、企業の思いを社員に伝えます。

ここまで書くと、それは、管理職や上司がすることだ、とお感じになるかもしれません。しかし、管理職や上司は、社員から見ると、やはりトップダウンの使者でしかありません。それに対して、ツナゴーカのキャリアコンサルタントは、社員に徹底的に向き合い、彼らの強みや事情を交通整理し、彼らの「成長したい」という本能に訴求し、強みに合った個別の成長計画を作ります。

また、一般的にキャリアコンサルタントは就職や転職の支援をしますから、企業経営者や人事担当者としては警戒なさるかもしれません。しかし、ツナゴーカのキャリアコンサルタントは、運営者である田邊雅子が、企業領域で活躍したいキャリアコンサルタント向けに「プロキャリ塾」という塾を主宰し、その修了生の中からスカウトした、企業のお悩みにしっかり向き合える専門家ばかりです。

ツナゴーカのキャリアコンサルタントは、それぞれ三日三晩語ってもまだ語れるというこだわりの専門性を持っています。皆様のお悩みに応えられるキャリアコンサルタントを探し、ぜひ相談してみてください。

お問合せはこちらから