よい人材の確保に必須なポイントとは その1

こんにちは。「採用」を専門分野としているキャリアコンサルタント、渡部幸です。

中小企業の経営者のお悩みのひとつに、「なかなかよい人材が応募して来ない」

または「よい人材だと思って採用しても断られる、または定着しない」というものがあります。

今回からシリーズで【よい人材を確保し、定着してもらえるためのポイント】を解説しますので、参考にしていただければ幸いです。

ポイントその1:どのような人材が欲しいのか明確になっているか

1つ目は、御社でどのような人材が欲しいのか、企業の中で共有ができているかどうかです。

もちろん、必要な職種やその仕事に求める経験や技能、今すぐ欠員を埋めるために即戦力として必要な力、という意味でははっきりしているかもしれませんが、今回の採用は、退職者の穴埋めでしょうか?または増員ですか?

お勧めしたいのは、ここ10年の毎年の退職者の職種、年齢、役職、退職理由の整理と、採用した人の職種、年齢、役職、その後の定着の動向を明らかにしてみることです。

まとめてみたところで、見えてくる傾向はあるでしょうか。

特に、以下の2つの点についてわかる部分があるか探してみてください。

①採用した人で会社の戦力となり、定着が上手くいっている例がある

②同じ理由や理由が分からなくても同じ職場で何度も退職が繰り返されている

ポイント1の欲しい人材とは、御社で定着し、活躍できる人材、ということです。

特に中途採用で会社に馴染み、戦力となって定着している、という人材は、職種に直結する技能だけでなく、御社の社風や文化、やり方、姿勢に適して共にやっていける人、という可能性が高いので、次の採用にも参考になることが多くあるはず。

ぜひ上手くいっている人はどのような人なのか、本人の考え方や仕事への姿勢、価値観などをヒアリングしてみてください。

どんなことを参考にしたらよいかわからない、という場合は、私達キャリアコンサルタントがお手伝いできますので、ぜひご相談ください。

では次回はポイントその2 をお届けします。

この記事を書いたキャリアコンサルタント

渡部 幸
渡部 幸
産業カウンセラーとキャリコン資格を持ち10年以上活動しています。著書『採用側の本音を知れば就職面接は9割成功する』他 人事経験者として採用支援・定着のための育成、仕組みづくりが強みです。働く人と企業双方がイキイキと活躍できるよう全力で取り組みます。

お問合せはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です