新米教育担当アツコ、がんばる! 第6回 必殺教育仕掛人「聴いたことは全部拾うべし」by 平井厚子

これまでのお話 第1回第2回第3回第4回第5回

★ここまでの展開★

突然教育担当者に任命されたオオサカアツコさんは、キャリアコンサルタントのアサクラさんの支援を受けて、「リーダーの育成」という教育課題に取り組んでいます。まず育成目標をたてるために、社内インタビューに着手しました。

働き方コラム がんばるアツコ

最後のインタビューが終わりました。
「終わりましたー! つっかれたぁー」
思い切り伸びをするアツコさんにアサクラさんは、
「お疲れさま。インタビューももう大丈夫ね。」
「はい、なんとか。管理職はアサクラさんにお任せだったですけど、一般社員を担当したことで場数はふめました。サポートありがとうございました。」
「どういたしまして(笑)。つぎはインタビュー内容のまとめね。これがまた大変なのよねえ。。。」
「そうですね。皆さんいっぱい喋ってくださいましたもんね。」

今回のポイント 「インタビュー内容をまとめる」

働き方コラム がんばるアツコ

データの整理方法には○○法というのがたくさんあります。それらを使って内容をまとめてもよいのですが、シンプルにマトリックスで整理することをお勧めします。例えば、

  うまくいっていること うまくいっていない

こと

リーダーへの期待
社長      
役員      
部長クラス      
課長クラス      
一般      

 

このようなまとめ表を作ると良いでしょう。

・縦にインタビューをした社員の役職や階層を設定します。

・一人の社員が必ず一つの役職または階層にはいるようにします。

・横にはインタビュー計画の「なにを聞くか」であげた項目を設定するのがよいでしょう。

・聞き取った意見は必ず表に書き込むようにします。

・どの列のカテゴリーにも属さない内容のものはその他の列を作りそこに残します。

・相反する意見もそのまま並列で残します。

・2つ以上のカテゴリーに属すると思われる意見は、両方に書き残します。

作成方法はExcelに入力でも模造紙にポストイットでも、その他の方法でも構いません。このまとめ表は現状を表したデータとして、このあとの検討で使います。聞き取った情報をそのままこの表に残すようにしてください。

働き方コラム がんばるアツコ

「確かにこうやって見ると、どんな意見が出たのかとてもわかりやすいですね。」

「ええ。それにこうやって見るとね、みんなちゃんと見てるし考えてるのもわかるよね。「うちの社員は何も考えていない」みたいなこと言うトップが時々いるんだけど、そういうのってちゃんと聴いてないし、言わせてないだけなんだって、この作業をやるといつも思う。」

アサクラさんがちょっと怒ったような口調でいいました。

第7回に続く

[simple-author-box]

この記事を書いたキャリアコンサルタント

平井 厚子
平井 厚子
IT企業で25年人材育成に取り組んできました。その後就職支援で現実の労働市場に直面して視野を広げ、会社側の視点と労働者側の視点とニーズの両方を肌で感じて自分の中に取り込めたと思います。
働き方改革は従業員の能力開発、仕事の仕組みの見直しを伴ってこそ、実のあるものになります。ぜひ人材育成の視点からお手伝いさせてください。

お問合せはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です